駅伝<競馬

出禁にしようかなと思案中の「 通りすがりのものですが・・・・・」さん(と思われる方)からコメント欄に興味深いネタを戴きました。
ここ数年10月第2月曜日だった「体育の日」が来年から「スポーツの日」と名を変えることになり、更には来年のみ2020東京五輪の開会式に合わせて7月24日に移動になるというのです。
「体育の日」が1964年東京五輪の開会式にちなむ休日だからとはいえ、休日なんて法律を変えさえすればどうにでも動かせるものだという哀しいお話です。
このために来年の10月には休日がないという事案が生じてしまいます。それで困るのが、10月第2月曜に固定して開催している行事、例えば出雲全日本大学選抜駅伝競走です。これに関してスポーツ報知のwebにこんなネタが上がっていました。
出雲駅伝、来年は10月第2日曜日開催 フジテレビ競馬優先でスタート時間も変更へ』
https://hochi.news/articles/20191014-OHT1T50173.html
10月第2月曜がただの平日になるのでその前日である10月第2日曜に開催するというのは順当な判断だと思うのですが、問題は開催時刻が繰り上がるという点。これまでは「笑っていいとも」が終わった午後1時に放送開始、いいともが終わってからは「バイキング」ですね、それで1時5分にレーススタートというスケジュールだったのですが、来年はそのスタート時刻を早めることが検討されているというのです。記事によれば30分、あるいは1時間。その理由が、競馬中継とぶつかるから。
どうしても試合は2時間ちょっとかかるため、例年通りの開始時刻だと中継終了は午後3時25分。午後3時に始めている競馬中継の放送時間とかち合ってしまいます。今年は台風19号で東京の競馬の日程が大幅に変わったので去年の10月第2日曜のJRAのレーシングカレンダーを調べると、新潟のメインレースの発走が3時20分、東京のメインレースの発走が3時30分。これらを生中継できるように駅伝中継を早めに終わってもらいたいということなのでしょう。
競馬中継はJRAがお金を落としてくれる大事な上得意さま。もちろん駅伝中継にもスポンサーはついているけど(メインスポンサーは富士通)、どちらが優先されるかと言えば長年の付き合いがある競馬中継なのでしょうね。
報知のリンク先の記事には

今年、出場した監督のひとりは「日程変更は理解できるが、スタート時間まで変わるとは…。出雲駅伝は競馬より優先順位が低いのか…」と嘆くように話した。

という悲哀の声が載っていました。Wikipedia出雲駅伝を調べると『第1回の開催当時の放送時間は8時30分 - 11時と、現在の放送時間より早い時間での生中継だった。また、第12回までは中継録画での放送だった。』(今年は第31回なので第12回は2000年)ということなので、当初は午前中に試合が行われていたみたいです。それを思えばスタートが1時間繰り上がる程度は受け入れなければならないのかなという気はします。再来年は例年通りの10月第2月曜に戻るのでしょうし(「 通りすがりのものですが・・・・・」さんによれば再来年の「スポーツの日」が本当に10月第2月曜になるのかどうかは不明らしいのですが)。


余談ですが、お役所としてのスポーツ庁が設置されたり日本体育協会が日本スポーツ協会に名称変更したり、「体育の日」が「スポーツの日」に変わるのも時代の流れなのかもしれませんが、体育の授業がスポーツの授業になったり体育教師がスポーツ教師になったりすることは・・・無いな。

台風19号とテレビラジオについてとりとめなく

お昼ごろ起きてNHKのお昼のニュースを見ていると、仙台からニュースを伝えているのは岩元良介アナ。ググると福岡局の所属で、若いころに仙台勤務の経験があったようで、それで応援に入っているのでしょう。飛行機と仙台空港アクセス鉄道は動いているようだし。自局のアナはめいめい取材に出ているのでしょうね(池野健アナはパ・リーグCSのラジオ中継のリポーターだったらしいので仙台に居ないのでしょうが)。
台風が直撃していた土曜の夜。NHKのテレビは平日の夜のニュースを担当している真下貴アナ(ラジオは聴いていないので分からない)、対する東北放送はラジオは夏休みを返上して仕事に戻っていた松尾武アナ、テレビとインターネット配信は増子華子アナがニュースを読んでいました。近頃国政選挙の時にローカルの選挙速報をインターネット配信するテレビ局が出てきていますが、今回TBCテレビは台風情報をインターネット配信するという新機軸を打ち出しました。延々放じ続けるのではなくある程度の時間ごとに放送でしたが、時間帯によってはテレビと同時放送になりました。東北放送は私立TBC気象台という部署を持っているので常に気象予報士さんの解説ができます。TBCテレビに関しては安住さんとたけしさんの番組で林田悟志アナが仙台市内のビルの2階から中継というのがありました。たぶん仙台市役所そばにある通称・黒ビルの2階にある東北放送分室に詰めていたのでしょう。
深夜3時ごろだったか、新装なった東北地方整備局からTBCテレビは後藤舜アナ、NHK仙台高木優吾アナが相次いでレポートを入れていました。ここが国の司令塔になるのかな。
TBCラジオは深夜3時の「ガンバッペ魂」深夜4時の「…Love Music」はズタズタに切られて随時台風情報になっていました。いやその前の夜7時の「エンジョイクラシック」の時点からだな。夜11時の「昭和音楽堂」に関しては全面休止にして報道特番にしたようです。そのあとの「大倉くんと高橋くん」・「オードリーのオールナイトニッポン」に関してはニッポン放送が報道特番に差し替えたようです。
東京のラジオ局もあらかじめ、ニッポン放送は「日向坂46のオールナイトニッポン0(ZERO)」を関東のみ台風情報に差し替えること、TBSラジオは「宮川賢のデートの時間でそ」を関東のみ台風情報に差し替えること、NHK第一は「らじらー」を休止して台風情報にすること、をそれぞれの番組のTwitterで告知しているのには気づいていましたが、実際ニッポン放送TBSラジオはできる限りの時間を台風情報にしていたようですね。文化放送はどうだったんだろう(関する情報を仕入れていないのでどうだったのか分からない)。NHKは土曜正午から日曜朝7時までをラジオ第一、FMのサイマル放送にして台風情報に専念する特別編成にしたのですね。NHK-FM「アニソンアカデミー」の番組Twitterを探したらこちらも番組休止を事前に告知していたようでした。
そういうわけで、事前に予想されていた通りに勢力が強いまま台風が東日本を直撃するという最悪の事態を迎えてしまいました。刻々と堤防決壊の箇所、死者の数が増え続けていることに驚いています。北陸新幹線はこれからどうするんだろう、東北新幹線で互換が効くのだろうか。
私自身に関しては中学生の時に8.5豪雨と呼ばれる大雨を経験しているのでそのレベルで済めばわが家は大丈夫だと悠長に構えていたのですが、家長である父は風で飛ばされるのでは、水が上がってくるのでは、と心配事が尽きなかったようでした。何度となく避難勧告、避難指示のエリアメールが入るし。私が何か口を挟んでも父を逆上させるだけなので私はテレビを見ラジオを聴いていたというわけです。
避難指示と言えば、防災ラジオの電源が自動で入るのではないかと思っていたのですが、入ったのかな? 思い出してラジオのスイッチを入れ「自局」のボタンを押せばエフエムなとり(なとらじ801)の放送が聴けます。もちろんエリアメールと同じ文面を読み上げています。「避難場所は(中略)だい、いちちゅう、学校、(後略)」。 ??? 第一中学校のアクセントがおかしい。これって機械が読み上げているのではないか? どこの機械が読んでるんだろ。
なとらじを聞き始めたのは土曜の夜11時過ぎだったのですが、ミュージックバードの配信番組を流すのを止めたのか、エリアメールの文章の読み上げとBGMの繰り返しでした。11時45分ごろから、アナウンスの感じが変わりました。アクセントが気にならなくなりました。たぶんここから誰かアナウンサーが入って原稿を読み上げる形になったのではなかろうか。なとらじのTwitterは防災情報を流しているので誰か局に詰めているのだろうとは思うのだけど。
この週末、仙台放送は「東北・みやぎ復興マラソン」・「みちのくYOSAKOI祭り」の2つのイベントを中継する予定だったのですがいずれも中止。穴埋め番組が放送されました。「東北・みやぎ復興マラソン」の日曜午後の部、BSフジにネットする分の枠はFNNの報道特別番組になりました(BSフジはどうしたんだろう、調べていないので分かりません)。東日本放送は土曜の夕方に引っ越したクレヨンしんちゃんドラえもんの枠、夜に予定されていたとんねるずのスポーツ王、日曜午前の再放送枠ともえスポの枠がANNの報道特別番組になったようですね。ミヤギテレビ有吉反省会の枠と深夜に予定されていた千原せいじさんの番組の枠をミヤギテレビからの台風情報に充てたと後で知りました。TBCテレビはあらかじめCDTVの後に台風情報の枠を用意していましたが、前述のとおりインターネット配信で台風情報を伝えていました。土曜の午後と日曜の午後にJNNの報道特別番組が組まれ、日曜なのにNスタの平日担当のホラン千秋さんも登場しました。もちろん在仙民放各局ともL字画面でローカルの情報を伝えていました。
NHKは学校音楽コンクールの土曜日の分と障害者スポーツ大会の中継が台風で中止になり、ラグビー中継が総合から教育に振り替えになり、土曜日の教育テレビの番組も大きく予定変更になったようです。総合テレビは土曜朝のチコちゃんに叱られるが終わってから台風情報スタート。東北ローカルの公開放送「定禅寺しゃべり亭」(ゲストは福田こうへいさん)は公開収録に変更され後日放送されることになったようです。朝ドラの再放送は放送されたものの大河ドラマの再放送は放送されず日曜午後に移動。日曜昼のNHKのど自慢愛媛県松山市ということで中止にならず15分遅れで無事放送されました。当初第5戦の中継として予定されていたセ・リーグCS第4戦は大河ドラマの再放送の後に放送されました。
日テレはラグビー中継(釜石で行われる予定だった試合が中止になり日本のこれまでの戦いのダイジェストになったようでした)が入っていたので巨人軍のCS突破をNHKに譲る形になりました。ラグビーの日本戦はホントに日本が勝ちました。これで予選リーグ1位突破。もし2位抜けだったら今週土曜日に日テレで、1位抜けだと来週日曜日にBS-1で中継という計画だったらしいのですが、大河ドラマの視聴率が悪いせいか日曜にNHK総合で中継することになったそうで。
プロ野球日本シリーズソフトバンクVS.巨人に決まったのでたぶん土曜日の第1戦はKBCでやるのかな、日曜日の第2戦はRKBでやるそうです。TBS系列は日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」でラグビーブームに一役買いラグビー中継の視聴率が取れている日テレに敵に塩を送ったと言われていますが、1試合しか取れない日本シリーズ中継がラグビーの準々決勝の真裏になりラグビーフィーバーの余波をもろにかぶることになってしまいそうです。見ようによってはTBSは『馬と鹿』なのかもしれません。日本シリーズの冠スポンサーは三井住友銀行ですが、ラグビーのCMを作って流しています。宿沢広朗元代表監督が住友銀行の銀行員だったことに由来していたのですね。日本が唯一スコットランドに勝ったときの監督です。いったいどういう巡り合わせなのでしょう。

Flower TOKYOとRADIO FIKA

台風一過、私の家の周りは静穏で秋晴れです。しかし私が住む名取市でも昨夜は随所で道路が冠水しているという話でしたし、今日の未明には樽水ダムが緊急放流かという情報もありました。幸いそれまでに雨が止んだこともあってか放流は無し。今朝になって報道される県内他市町や他県の被害の映像を見ると、運がよかったのだなと思うのでした。
台風関連のことは別のところで書こうと思っています。今回はあらかじめ書くことを予定していた「通りすがりのものですが・・・・・ 」さん案件について。


この秋の改編を眺めていたら、J-WAVEに『アン ミカがナビゲートする『VOLVO CROSSING LOUNGE』10月4日(金)スタート! 』ということを知りました(J-WAVEのサイトからリンクされていたPR TIMESのサイトの記事より)。これは聞かなければなりません。
この春「通りすがりのものですが・・・・・ 」さんから怒涛のように寄せられたFM東京に関するコメントの中に、東京ローカルの『杉咲花のFlower TOKYO』のせいでFM大阪制作JFN系38局フルネットだった山寺宏一さんの『Keep On Smiling』とFM大阪制作東阪2局ネットだったアンミカさんの『アン ミカのレディオ・フィーカ presented by VOLVO CAR JAPAN』が打ち切られた、という主旨のものがありました。
1つのローカル番組が2つのネット番組を打ち切りに追いやったというのは普通に考えれば、頭おかしいの? という話です。昨春、花ちゃんの番組が山寺さんの番組の時間にスタート。昨秋、花ちゃんの番組がアンミカさんの番組の時間に移動。山寺さんの番組とアンミカさんの番組はそれぞれその時点で終了となりました。2つともFM大阪FM東京に向けてネットしていた番組でした。となれば、FM東京があえてFM大阪の番組を潰したと考えることもできてしまいます。ただ謎として残るのは、山寺さんの番組は外資系製薬会社(の日本法人)、アンミカさんの番組は北欧の自動車会社(の輸入業者)とそれぞれ大企業の一社提供なのに花ちゃんの番組はノンスポンサーなのです。いくら旬の女優さんのDJだからと言って、ノンスポンサーの番組が大企業がスポンサーの番組を押しのけるというのは常識的には考えられません。
そんなアンミカさんの番組が同じスポンサーで別の局で始まるのです。これは聞かなければなりません。10月4日放送分、11日放送分を聞いてみました。
基本的にはゲストの方を招いてのトーク番組で、終わりの方にちょっとした情報コーナーという構成です。FM大阪時代の番組タイトルにある「フィーカ」というのは『北欧・スウェーデンの伝統的な文化で、家族や友人と甘いお菓子を食べながらコーヒーや紅茶を楽しむ時間』という意味だそうで、今回の番組でもその精神は受け継がれています。落ち着いた大人の会話のやり取りという感じで金曜の夜更けにちょうどいい感じの番組だという感想を持ちました。
FM大阪時代は大阪では土曜のお昼前、東京では日曜の朝の放送だったようですし、アンミカさんとフリーアナウンサーの牛窪万里子さんの二人で担当されていたようですが、番組ブログ(番組打ち切りから半年経った今もまだ残っています)を眺めてみた感じだとたぶん今回の番組と同じ感じの雰囲気の番組だったのではないかと想像します。では朝と夜のどちらがふさわしいのかとなるわけですが、私は朝にやっていた時代を知らないからなぁ・・・今回の番組は金曜の夜にくつろぎながら聞くのにいい感じだと思います。


一方、アンミカさんの番組を押しのけて放送開始2年目に入った『杉咲花のFlower TOKYO』。まずは10月4日放送分を聞いてみました。好きなミュージシャンの方をゲストに迎えたということで結構テンション高めという感じがしないでもなかったですが、日曜の朝らしい番組かと言えば、日曜の朝に在っても悪くはないかなと思いました。ただ、アンミカさんの雰囲気に慣れ親しんだ人が今週から花ちゃんの番組を聴いて下さいと言われたら、それは違うんじゃないの、と言うでしょうね。年齢半分だしね。『SCHOOL OF LOCK!』の金曜版でやればいいじゃないかと思われるかもしれませんね。
とはいえFMラジオはAMラジオのようにながら聞きするよりはテレビのようにこの時間はこの人の番組だからとスイッチをつけるようなイメージが私にはあるのですが、考え方が古い? テレビだって『♪とってもさみしいから とりあえずつけてます』って時代だからFMラジオも朝からつけっぱなしで過ごすのがTOKYO STYLEなのかな。
杉咲花のFlower TOKYO』は9月29日放送分も聞いてみました。この回はゲストは無しで放送開始1年間の期末テストみたいな内容でした。せっかくなので、その前、7:30からの『NAGOMI Setouchi』とその後、8:30からの『セブンカフェ presents SOUND IN MY PREMIUM LIFE』も聞きました。瀬戸内の風景を伝える番組に花ちゃん、ほんじょさんとおしゃれな感じの女優さんの番組が続く流れ。ながら聞きするのによかったのかもしれませんね。
しかし『NAGOMI Setouchi』はこの9月29日が最終回。10月4日からスタートした番組『Think Japan』は東京ローカルの番組で『金沢工業大学虎ノ門大学院教授 伊藤俊幸がお届けする新番組』。怪しい。ググると教授の前職は海上自衛隊海将海上幕僚長の次に偉いナンバー2まで務められた方ですね。そういう方が地球温暖化とかサイバー攻撃とか日本の将来に待ち構えている問題について考える番組の直後に花ちゃんの番組という番組の流れは(正確には『ドライバーズ・インフォ』で5分間開いているが)ながら聞きには適さないかもしれませんね。

WikipediaTOKYO FM番組一覧に載っている番組表((2019年10月10日現在)と書いてあるが秋改編が反映された部分と7月期のままの部分が混在している)を見ると、『NAGOMI Setouchi』(まだ『Think Japan』に書き替わっていない)の直前の番組は7:00『Nestlé presents CHEER UP! MORNING - 平松愛理(FM OH!制作) 』と書いてあるではないか。まだFM大阪制作でFM東京に向けてネットされている番組は全滅したわけでは無いのだね。Wikipediaによると2017年4月よりFM東京にネットされていて、FM大阪では土曜の朝、FM東京では日曜の朝に放送されているそうですね。うん、外資系の大企業が一社提供で大阪と東京で放送日が異なる、アンミカさんの番組と同じ境遇。これは花ちゃんの番組の次の移転先になるのか? 万一そんなことがあれば花ちゃんは間違いなくFM大阪クラッシャーということになります。んなこたぁないって。


「通りすがりのものですが・・・・・ 」さんへ。
このエントリはあなた発信のネタなので何か思うことがあればコメント欄に書きこんで構いません。
ただ、私があなたに出した宿題をちゃんとやってくださいね。私があなたに腹を立てているのはこれなのですから。
もしかしてあなたは次々新しい話題を放り込むことしか頭になくて古い話題のことには関心が無いのでしょうか。
念のために私が腹を立てているあなたのデタラメコメントをコピペしておきます。

通りすがりのものですが・・・・・ 2019-08-29 08:39:34

>5期目をやるつもりだった
たぶん、年齢を理由にしなければ続投するつもりだったでしょうね。埼玉高速鉄道は「埼玉スタジアム2002前駅」で折り返し、東京メトロ地下鉄南北線赤羽岩淵駅へ戻るというかそこから三田・目黒および東急目黒線東急東横線(大岡山~日吉は東急東横線に乗り入れ>東急目黒線)へ直通していますから。ただ、埼玉スタジアム2002前から北へ延伸する案は以前からあったようですが、地権者との問題などで中々進みませんから・・・・・。>上田前・知事
>「埼玉県知事選挙」
4年前も出馬をする予定でしたが、当時は上田前・知事が圧倒的に強かったため、出馬を断念したと思います。ちょうど中東情勢でいろいろと大忙しでしたから>大野氏
>これが今後の政局に-
大野氏を県知事へ鞍替えしたために、そのエリアの選挙区の衆議院補欠選挙が急遽秋に行なわれるので、今後は誰が出馬するのか?で注目しそうですが・・・・・。
※大野氏とは大野光裕さんです。
埼玉高速鉄道を北へ延伸するなら東武アーバンパークライン(=昔の人は「東武野田線」の方がしっくりするのかも?)の岩槻駅JR宇都宮線(=JR東北本線)の東大宮駅または蓮田駅方面だと思います。

消して許される事では

今日はパソコンを開く前に河北新報を読んでいまして、妙な交通事故の記事が載っていたなという印象は持っていました。webには上がっていないようなのですが、県内版の下段にちょっとした犯罪で捕まった人のことが短く載っている欄なもので。『酒気帯び運転容疑で男逮捕 否認』という短信で、逮捕されたのは名取市に住む職業不詳の56歳の男ということでした。実名も載っています。
パソコンを開くとブログにコメントがあるというので開いてみると『東北放送の専任部長を逮捕、宮城 酒気帯び運転の疑い』。
? それ去年の話じゃないの。何で今更・・・と不審に思いつつリンク先を見ると、
東北放送の専任部長を逮捕、宮城 酒気帯び運転の疑い(共同通信) - Yahoo!ニュース
別の人だった_| ̄|○
去年はスポーツ部、今回は制作技術部。
あわせてよみたい的なリンクとして東北放送自身がニュースにしているとある。さらにその関連リンクにはテレ朝の記事として『「朝4時まで酒を…」東北放送の部長 車4台と衝突』。朝4時まで飲んで夕方4時に事故を起こしアルコールが抜けていないとな。どれだけ大量に飲んだんだ。
そんなことを思いながら、昨日の夕方に名取市の人が酒気帯び? さっきの河北新報を読み返すと、同じ名前。職業不詳というのは会社名が出るとまずいということだったのだろう。これに関連してテレ朝じゃない方の5ちゃんねるに興味深い書き込み。夜のニュースで、職業を黙秘しているが自社の社員と思われる。ホントに東北放送のニュースで東北放送自らそんな潔いことを言ったのか?
2019年10月7日(月)23:57~24:00 | 河北新報ニュース | TBCラジオ | radiko
・・・ほんまや。
そんで一夜明け間違いなく自社社員とわかり、局のサイトには『弊社社員の逮捕について』というお詫びを、ニュースのページには事件の記事を掲載したのですね。
他局のニュースページを見ていると、仙台放送の記事には他局にはないキーワードが。他では事件現場を青葉区上杉の県道と書いているが、仙台放送は『青葉区上杉の病院の駐車場から道路に飛び出し』となっている。



すみません。書いている途中で寝てしまいました。
日付変わって10月9日。出勤途中の車内で守屋周アナが担当しているのに「Goodモーニング松尾です」と言う番組。「ニュースクローズアップ」のコーナーで日本航空の乗務員の飲酒問題について指弾するコメンテーター氏。しかし東北放送の社員の飲酒問題には触れない。
10月9日の夜。帰宅後河北新報を読むと、おとといの交通事故の容疑者は東北放送の社員だったという記事が出ていました。
テレ朝のニュースサイトの記事が新しくなっていて、

当初、伊藤容疑者は「朝4時まで酒を飲んだが、アルコールは抜けていると思った。飲酒運転は否認する」と供述していましたが、その後の警察の調べに対し、「事故を起こす前にも酒を飲んだ」などと供述し、容疑を認めたということです。

 ―『「酒飲んだ」東北放送の専任部長が酒気帯び運転か|テレ朝news』より

続きを書く前にコメント欄に新しい書き込みが。これ、ホントに同じ人が書いているのかな。まぁいくつもの人格があるらしいことを忠告してくださった人も過去にはいたことだし、長年訴え続けている某氏について触れているから同じ人が書いているのでしょう。まぁそこは置いといて東北放送に関する部分のコメントを再掲。

大犯罪だじゃ
東北放送、この前も飲酒ふしょうじありましたよね
それも同じ名取住まい 繰り返しはまずいんじゃないでしょうか?3ヶ月の停職とかで済ますからダメなんでしょうに!!
親族の話 名取駅からパイパスに向かう途中
居酒屋(養老乃瀧→だんまや水産)あるそうですが駐車場26台完備だそうで
運転する前に飲んだって供述しているみたいですね。もう東北放は飲酒運転根絶とかテレビやラジオで啓発活動するのやめたほうがいいんじゃないでしょうか。

今回の犯人は名取駅前の居酒屋に車で行って飲んでた、ってことなの? 那智が丘に住んでる人が名取駅前に行くかな? まぁ行きつけの店とか知り合いと会ったとか可能性はいくらでもあるか。私はその店を知らないのだけど駐車場26台ですか。結構大きな店なんですね。ハンドルキーパーという制度もあることですし、決して飲酒運転をしに来てくださいということで駐車場を完備しているわけでは無いと思います。
ハンドルキーパー運動 | まちくる仙台
飲酒運転根絶とか啓発活動しているのは東北放送ではなくDate fmです。「STAND、Sendai Takes Action No Drinking & Driving。飲酒運転根絶」とかなんとか無機質な女性の声で日本語でアナウンスしているやつ。
Date fm | STAND飲酒運転根絶
そう言われれば、東北放送で飲酒運転に関する啓発活動って覚えがありません。昔は交通安全かたつむり大作戦*1ってやってましたが、最近はその種の啓発CMをやっていないんじゃないかな。それは去年捕まった人がいるからというのではなくて。
それにしても、Date fmのパーソナリティ(本職はミュージシャン)、東北放送の報道制作局スポーツ部の専任部長(当時)、東北放送の技術局制作技術部の専任部長と3名の放送に関わる仕事をしている名取市民が仙台市内で酒気帯び運転をしてニュースになりました。名取市民って酒を飲んだら平気で運転する人たちなのねと思われるのは心外です。
東北放送の社員たちも東北放送って飲酒運転を奨励している企業なのねと思われたらさぞ心外でしょう。しかし前回の逮捕からまだ1年経っていない段階で次の逮捕者を出してしまったら、それがいずれも専任部長ってそれなりに高い地位なのであろう人だったら、そういう会社っていったい・・・って思われても仕方がありません。
日本航空であれば国土交通省から業務改善命令を受けるのでしょうが、飲酒運転を理由に東北放送総務大臣から業務改善命令を受けることはありません。替わりにネットで叩かれます。叩く側は正義を振りかざすので容赦がありません。今回のエントリの表題は5ちゃんねるの東北放送スレに書き込まれているテンプレート化された文章から採りました(既に大喜利化されていて、私やhiroさんの名前を出して揶揄する向きもあるようです)。飲酒運転は犯罪ですから決して許されることではありませんが、このテンプレートは『消して許されることでは』ないと表記されています。消去したり削除したりしても駄目だと言う、深い意味を持たせた文になっています。俺たちは永遠に東北放送を叩き続けるという宣言なのかもしれません。これはこれで困ったものです。
マスコミの人間が不祥事を犯せばマスゴミと叩かれるご時世なのに、それでも不祥事を犯してしまう。飲んだっていいじゃないか、にんげんだもの。いや、飲むのは悪くない。飲んだら乗るな、飲んでも乗るのはやむをえず犯してしまう過ちではない、意図的な行為だ。専任部長という役が付くのなら運転代行業者を頼める程度の給料をもらっているだろうに、なぜ頼まない。ベンツだから赤の他人に運転させられないのか。その理屈は正しいが、だったらタクシーを使えばいいじゃないか。それは経費で落ちません? 専任部長という役が付くのならうまくごまかしてタクシーチケットを私物化できないのか。タクシーチケットで失脚した仙台市長もいたくらいだからそれはまずいか。
やってしまったことは仕方がない、それに応じた分は叩かれなければならないでしょう。この汚名をどうそそぐか。おめーが口出すことじゃねえ。そうですね。でも何かいい知恵は無いでしょうかね。間違っても綱紀粛正のために社員の一切の飲酒を禁止しますなんて守れっこない宣言を出して無実の社員の士気を下げたりすることのないように。

*1:WikipediaではKBS京都のチャリティキャンペーンと書かれています。TBCラジオのはゆっくり走ろうっていう程度でたぶんKBS京都とは無関係。勝手に名前をパクったのかどうかは分かりません。

TBCラジオ2019年10月改編を勝手にまとめる

2019年10月期のAMラジオの番組改編は9月30日にスタートします。
しかし、この10月改編がTBCラジオのサイトでは紹介されていません。
2013年4月改編からスタートした改編概要を特設ページを作って紹介するサービスが2019年4月改編では基本番組表のpdfファイルを公表するものに変わりましたが、2019年10月改編ではそれすらもありません。改編がスタートする9月30日当日、もしくは半期の初日である10月1日に公表するという可能性はまだ残されていますが、改編前には紹介されなかったことは確定しました。
いや、河北新報折込の「河北ウイークリーせんだい」には夕方6時が変わることは載っています。自社のwebサイト上では紹介していないということです。
一晩掛けて東北放送の悪口を書いて、消去しました。さぁ、局のサイトの日別番組表から番組異動をピックアップしていきましょう。


その前に、今年は楽天イーグルスが3位に入ったのでクライマックスシリーズがあります。2位チームのある福岡に乗り込みます。

飯野アナが福岡に乗り込むため、10月7日の「en∞Voyage」のパーソナリティは佐々木淳吾アナに変更になっています。ただし第3戦は一方のチームが連勝した場合行われず、通常番組となります。
もしホークスに勝ち越せば、ライオンズとのファイナルステージが10月9日(水)より最大6連戦で行われます(9日-11日は18:00-、12日はあれば14:00-、13-14日はあれば13:00-)。これもメットライフドームに乗り込むのでしょうね。もちろん楽天が進出しなければ放送もありません。


では改めまして、新番組やナイターオフに復活する番組。
夕方6時が変わる! - みむめもーどで示した通り、月・水-金の夕方6時に仙台ゆかりのアーティストの番組が並ぶ編成になります。「Radio倶楽部」は今季は(火-金)18:00-18:30には戻らず引き続き(土)18:00-19:00で放送されます。

  • 伊東洋平ボクラノウタ (水)18:00-18:30 10月2日スタート
  • ホットハウス プレゼンツ ティーナ・カリーナのここがHome (木)18:00-18:30 10月3日スタート
  • カラーボトル竹森マサユキのがらくたパレード (金)18:00-18:30 10月4日より移動

火曜だけはスポーツ情報番組になります。黒田直樹アナは初のラジオレギュラーになるのかな。

  • Come 火6 Sports(カム・カム・スポーツ) (火)18:00-18:30 10月1日スタート

河北新報の9月30日朝刊のラテ欄「TBC聴きどころ」で紹介されているので書き写します。

 TBCスポーツアナウンサーの守屋周、林田悟志、黒田直樹の3人が「週替わりでスポーツをひとり喋りで展開する」という新しいスタイルで届けます。初回の担当は林田アナ。どんなトークが飛び出すのかお楽しみに!

例年「Radio倶楽部」内18:20ごろから放送されていた交通情報は独立した番組として月曜も放送されます。今年は「松本英子サウンドスケッチ」はネットされないことになります。

  • TBC交通情報 (月-金)18:30-18:33 9月30日スタート
  • TBCニュース (月-金)18:33-18:40 9月30日スタート
  • TBCイチオシパワープレイ (月-金)18:40-18:45 9月30日スタート
  • ココロのオンガク~music for you~ 井手大介 (月-金)18:45-19:00 9月30日スタート
  • ザ・フォーカス  (火-木)19:00-20:00 10月1日スタート

ニッポン放送のサイトの「秋の新番組のご案内」のページには次のように紹介されています。

■パーソナリティ:森田耕次(ニッポン放送報道部解説委員)
■アシスタント:増山さやかニッポン放送アナウンサー)
■コメンテーター:河合雅司(作家・ジャーナリスト)、佐藤優(元外務省主任分析官)、野村修也(中央大学法科大学院教授・弁護士)、山本秀也(産経新聞論説委員フジサンケイビジネスアイ編集長) ※五十音順
日替わりで政治、経済、外交などの専門家がスタジオに登場。その日のニュースを分かりやすく、そして深く、解説していきます。

  • ザ・フォーカス フライデースペシャル (金)19:00-20:00 10月4日スタート

こちらもニッポン放送のサイトの紹介をば。

■パーソナリティ:垣花正フリーアナウンサー
■コメンテーター:江本孟紀ショウアップナイター解説者)
ショウアップナイター解説者で元参議院議員でもあったエモやんこと江本孟紀が、スポーツの話題はもちろん、政治・経済・社会・教育などあらゆる話題に深く突っ込んでいきます。

  • アフター6ジャンクション ライムスター宇多丸  (火-金)20:00-21:00 10月1日スタート


ナイタークッションの21時台にはひとつお懐かしい名前があるのですが、当然番組紹介はどこにも無く・・・されなくても見当は付きますが。


土曜早朝の「道上洋三の健康道場」が10月より関西ローカルになることに伴い、土曜の午前が少し変わります。

  • 蓮臺寺 お寺でふぅ~ 福岡千幸、及川徳子 (土)6:30-6:45 10月5日スタート

蓮臺寺は太白区萩ケ丘にある真言宗のお寺だそうです。福岡さんは関西でフリーアナウンサーをされていたようですが、旦那様がこちらにお勤めとのことで、この春仙台に引っ越してこられたようです。及川さんはDatefm「ロックンロール黄金時代」終了以来久しぶりのラジオですね。

  • ラジオマガジンEARLY BIRD (土)6:45-9:30 10月5日より枠拡大
  • アナログタロウ 痛快!アナログヒッパレ~ (土)9:30-10:00 10月5日より移動

アナログさんの番組は「TBCナイタージャンクション」なる枠に押し込められていた半年間で何回放送できたのだろう。ここなら「ジャパネットたかたラジオショッピングスペシャル」の無い週(主に第2,4,5週)であれば放送されます。よかった。

  • TBCラジオスペシャル (土)19:00-19:55 10月5日スタート

昨年12月で一旦なくなった「TBCラジオスペシャル」が日立システムズ提供の2番組が無い週の土曜19時台、「アーティストBOX」を放送している枠を使って復活するようです。
第1回は「絆みやぎ 明日へ~陽はまたのぼる~」(10月5日19:00-19:45)。3月11日の震災特番「絆みやぎ 明日へ2019」の中で放送された番組のようです。2019年日本民間放送連盟賞のラジオエンターテインメント番組部門で優秀賞を受賞したそうで、おめでとうございました。民放連のサイトから紹介をコピペしておきます。

優 秀 絆みやぎ明日へ 陽はまたのぼる

東北放送

 ディレクター・ナレーション 古野真也、ミキサー 長田英之、プロデューサー 鈴木俊樹

 気仙沼市階上地区にある地福寺の片山秀光住職は音楽で仏教の教えを説く音楽説法グループ「カッサパ」で活動。東日本大震災で寺は全壊、多くの檀家も犠牲となる。遺族に寄り添い祈り続ける中、「カッサパ」は震災を語り継ぐグループとして再び活動を始める。
 構成と編集の技術が素晴らしく、震災を伝え続けていく番組としての視点が優れており、聴きごたえがある。


日曜の夕方も大きく変わります。
PCサイトの日別番組表には載っていないのですが、ガラケーサイトには10月6日のデーゲームが万一中止になったときの番組が載っています。

  • サンデー競馬実況中継 15:00-16:00

9月29日の放送で、10月からは(9月まで「ぐぐっと さんでー」を担当していた)松浦貴広さんとバズーカ安田さんのどちらかが担当するという説明がありました。

  • 吉田照美 森羅万SHOW~斬り捨てご免~ 16:00-16:55

ガラケーサイトには新番組と表示されていますが、4月から9月までは「ジャパネットたかたラジオショッピングスペシャル」の無い週(主に第2,4,5週)の土曜9:30から放送されていたので、新番組ではないと思うのだけど。

  • 河北新報ニュース 16:55-16:58
  • TBC交通情報 16:58-17:00

これらは移動という扱いになっています。

山形放送にはネットされているニッポン放送制作の番組ですが、TBCラジオには初登場になります。放送開始日がいつになるかは野球中継との兼ね合いで確定しません(10月6日の試合が早く終われば10月6日にスタートできるけど、6日の試合が長くなり楽天が勝ち進んだりして13日も試合があったりすると10月20日スタートになる可能性もある)。


日曜の夜は19時台は「サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和の文化」(TBSラジオ制作)が引き続きネットされ、昨年までの文化放送制作番組のネットは今年は無いことになりました。TBSラジオでは10月6日より「清塚信也 Xタイム ラジオ」(19:00-19:30)という番組が始まるそうだけど、TBCラジオはこれはネットしないのかな。するぐらいなら「清塚信也ピアノラウンジ」を終了させたりしないか。
というわけで、日曜の夜の新番組は

定例のこの1本だけということになります。


終了する番組は

  • あのね♪クミコ (月)17:59-18:00 9月23日終了 ※私はこれを番組だとは認めていない
  • TBCナイタージャンクション  (火-金)21:00-21:49 9月27日終了
  • TBCイチオシパワープレイ (火-金)21:49-21:54 9月27日終了 ※18:40-に移動になるという考え方もできるかとは思う
  • TBCニュース (火-金)21:54-22:00 9月27日終了
  • 道上洋三の健康道場 (土)6:30-7:00 9月28日終了
  • ぐぐっと さんでー (日)16:00-17:30 9月29日終了

これだけ?


ついでに6月以降にスタートした番組についてまとめていなかったのでまとめておきます。

  • King&Prince永瀬廉のRadioGARDEN (月)23:20-23:50 6月17日スタート

「Hey! Say! 7 Ultra JUMP」が「レコメン!」木曜24時台に移動することで新しくできた番組。

  • えいじの心のふる里 会津 (日)5:30-5:45 7月7日スタート

奥山えいじさんにとっては2018年3月以来の再登場かな。エフエムたいはくの番組も継続しています。「痛快!バッチリラジオ」が打ち切られたことになります。

  • ~歌を絆に~東北希望コンサート (日)9:05-9:20 7月7日スタート

定例の変更、12月まで。1月になれば「平野融メディカルストリングス」に戻る。

  • TBCイチオシパワープレイ (月-金)5:10-5:15 8月5日スタート
  • みちのくむかしばなし (月-金)5:15-5:20 8月5日再開

北方謙三 水滸伝」が終了したことによるもの。「加来耕三の「歴史あれこれ」」は再開されなかった。。。


追記(10月2日筆):10月1日にTBCラジオのサイトに『TBCラジオ 2019年秋改編タイムテーブル』が公表されました。
春の時と違って今回は実際に配布される番組表をカラーコピーしたものという質感、出演者の写真がそこはかとなくぼやけています。写真と言えば、ジャニーズのタレントたちの写真が自粛されています(このことは10月28日以降に語ることにしましょう)。
日別番組表と異なるのは、日曜朝の「えいじの心のふる里 会津」が「痛快!バッチリラジオ」に戻っていること。radikoタイムフリーで9月29日分の放送を聴いた感じでは打ち切りのお知らせは無かったし10月6日も放送があることになっているのですが、キョンちゃんと栗田善成さんは戻ってくるのでしょうか?
追記(10月4日筆):10月4日にタイムテーブルのpdfが更新されました。「痛快!バッチリラジオ」と書いてあった場所が「えいじの心のふる里 会津」に変更されています。10月以降も奥山えいじさんが引き続き出演され、キョンちゃんは戻ってきません。