参院選に関する愚痴をいくつか

選挙の日はBS-TBSの広島×巨人とBS-1の阪神×ヤクルトをとっかえひっかえ見ていて、議席予測が発表になる午後8時だけBSテレ東の池上×こじるりを見、ほぼ現状維持な予測と投票が終わった後の投票箱を密着取材するこじるりだけ見届けて、また野球に戻る。両試合が終わってラジオをつけるとTBCラジオは「モーニング女学院」をいつも通りやってる。河北新報ラテ欄で野球が終わり次第選挙特番と書いてあって、「モーニング女学院」あるはずなのになと思ってたのでホッとする。 。。。zzz 気が付いたら深夜3時近く。まずい、選挙番組が終わっている、仙台放送「ともに」(再放送)が後半に入っている。本放送の時は前半だけ見て寝落ちしてしまったから後半を見ていない。今回後半を見ることができたから合わせ技で今月も見たぞ。見たことにしよう。
そんなわけで選挙結果を知らずに朝になり、通勤途中の車内で石垣候補が勝ったことを知りガッカリするのでした。TBCラジオ「Goodモーニング松尾です」のニュースコメンテーターはいつもの東北学院大学の先生ではなく、選挙が専門(?)の東北大学の河村先生。彼が言うには、河北新報にも書いているけど、べしゃりの力の差。愛知家は高齢化で古い選挙しかできない、SNSは女性のもの、石垣候補の方が使えていたということだそうだ。
愛知候補が3期18年も務めていたのに永田町で何をしていたのか伝わってこないというのは不徳の致すところとしか言いようが無いでしょう。新婚で子供が生まれたばかりだというのにこれからどうやって食べさせていくのか心配になります。食べさせてくれる支援者がいるのかもしれませんが。
愛知家が三代守ってきた国会での議席を失い、宮城県から自民党参院議員がいなくなりました。これを以って宮城県民は○○と言いふらしている人がTwitter上にはいるみたいです。
TBCラジオより聴取率が高いと主張しているエフエム仙台の人気アナウンサーが野党統一候補として出馬したのです。前出の河村先生曰く、自民党の農業政策のせいで愛知候補が農村部で支持を減らしたから、石垣候補だって都市部の浮動票をつかみ切れていない、とのことでしたが、それでも差し引きすればアナウンサーだから入れる浮動票は多かった、やっぱりアナウンサーは強かったということなのでしょう。
だから私はアナウンサーを選挙に担ぎ上げるのは反対なのです。
イージス・アショア問題で一部の人たちから非国民呼ばわりされている秋田県はかつて改選・非改選ともに野党に担がれ地元局アナウンサーを辞めて出馬した人で占められていた時代がありました(今は二人とも落選しています)。加計学園獣医学部があることで知られる愛媛県では今回、南海放送アナウンサー出身の元衆院議員(野党統一候補)と南海放送で多くの番組を持っていたタレント(自民党)の対決になり、元局アナが勝ちました。秋田県愛媛県も本来は自民党王国です。自民党王国だからと言って自民党が勝つわけでは無いのです。
山形県宮城県と同じく、長く山形放送アナウンサーを務められた男性が野党統一候補として担ぎ上げられ、自民党現職を破りました。山形県宮城県と異なるところは、山形県は知事が野党系だというところです。前出の河村先生曰く、知事が野党系だと知事に近づくかどうかで自民党系の県議が割れるので自民党が弱くなりがちなのだそうです(それでも衆院議員は全員自民のはずですが、非改選の参院議員は知事と同じ野党系の女性です)。ただ、宮城県知事はバリバリの自民党です。それなのに野党が勝ってしまうというのは、女性アナウンサーを担いだからだと言わざるを得ません。


コメント欄に書き込まれていましたが、選挙の政見放送は政党が事前に作成した映像を持ち込むことが可能になりました。
昔ながらのスタジオで椅子に座って政見を呼びかける形式をとったのはNHKから国民を守る党の三宅候補だけでした。「NHKをぶっ壊す」。もっと激しい口調で言うのかなと想像していたのだけど、おちょくってるとまでは言わないけどけっこう楽し気に言ってるのね。地元紙河北新報は基本的に三宅候補について黙殺したので(テレビ局のローカルニュースではどうだったのか、見ていないので分かりませんが)、政見放送を見ることができて活動していることは分かったので良かったです。
愛知候補はどこぞかの広告代理店に作ってもらったのであろうVTRで、最後に安倍さんの自民党のCMつき。石垣候補は完全に石垣のりこのイメージビデオ。問題はこれがテレビだけでなくラジオでも全く同一のものが流れるということです。ラジオで持ち込み映像を流されても何の得にもならない。その候補の何も分からない。テレビ用とラジオ用で別の政見放送を作ってもらうくらいのことをしてくれないと、ラジオしか聴かない人には役に立たないな。県選管から送られてくる紙の選挙公報を読めばいいのだろうけど、目の見えない人にはお手上げかもしれない。


選挙期間中に書くと選挙妨害と受け取られかねないなと思って黙っていたのですが、ニッカンスポーツ・コムをブラウジングしていると、そこかしこに動画広告が動き出します。ひどいときは記事を読むために下にスクロールしていくと突然動画画面が現れて広告が再生されます。なんやかんやで最大で1ページに同時に4種類の動画。すべて公明党
そう書くとしたり顔でブラウザのconfigでautoplayをoffにすればいいんだよと言ってくる人がいるかもしれません。以前別件でそれをやったことがありました。たしかにぬうーっと現れる動画広告が出てこないのは良かったのですが、一つだけ困ったことがありまして、radikoが再生されないのです。私にはradikoが聴けない方が不都合が大きいのでautoplayをonに戻すことにして今に至ります。
一般の広告バナーだったら右上に小さなバツ印があってそこを押せば一時的にせよ画像が消えるわけですが、動画は止められないのね。最後まで確実に流れる。音声が出ないのが不幸中の幸い。こういうのは家でPCに常時接続の光回線をつないでいるからいいようなものの、使った分だけ料金がかかる従量制プランで接続している人からしたらwebページを見る度に動画を2つも3つも見せられたら、ギガ泥棒もいいところではないか。表向きウチの党の実績としてこんなに世のため人のためにいいことをしましたというものだから、こんなの消えろと声高に叫ぶと逆に人でなし呼ばわりされかねない。でも、規制してくれないかな。