続報あれこれ

今日付の河北新報のスポーツ面とか日刊スポーツとかに、女子プロゴルフツアー「ミヤギテレビダンロップ女子オープンに関して、宮城テレビ放送日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に交渉再開を申し入れたという記事が出ていました。
河北のwebにはミヤギテレビのコメントが出ていないようなのでその部分だけ手打ち入力で書き写しておきます。

 18日の日程発表では熊本県民テレビ主催のKKTバンテリン・レディース(熊本)、中京テレビ主催の中京テレビ・ブリヂストン・レディース(愛知)を加えた3大会が中止とされた。いずれも日本テレビ系列の3社には「お願い状」と題した大会存続を求める選手約70人の連名の入った25日付の要望書が届いた。

(中略)

宮城テレビ放送広報部は「LPGAに一方的に協議を打ち切られ、開催中止と発表されたことは非常に残念であり遺憾。今もなお、ミヤギテレビ杯を開催する意思に変わりはない。大会存続を求める選手の声を重く受け止め、開催を前提とした協議の再開を申し入れた」とコメントした。

12月19日の協会側の来季日程発表のときに自分なりにあれこれググってみたのだけどミヤギテレビについて触れた記事が見当たらなくて、ミヤギテレビはどういう考えなのだろうと気になっていました。やっと公式コメントが見つかってホッとしています。
記事には『年明けにも両社は協議を再開する見通し』と書いてあるのですが、ホントに再開されるのかな。されるといいですね、そしてミヤギテレビ杯が復活できてほしいです。


今日の河北新報や日刊スポーツの社会面には、先日酒気帯び運転で逮捕された東北放送社員に対して仙台簡易裁判所が罰金30万円の略式命令を出したという記事も載っています。河北では『28日までに』起訴し同日までに略式命令を出したと書かれていますが、ニッカンでは『21日付で』と日付が確定しています。また、ニッカンでは実名報道ですが河北では実名は伏せています。ただし河北では起訴された部長の男性に『停職3カ月の懲戒処分』と付け加えられています。東北放送のサイトを見たら一番上に『【お詫び】当社社員の懲戒処分について』というリンクがあって、見たら12月26日付で懲戒処分が下されていたみたいです。
それにしてもニッカンと河北の報道基準の差はどこにあるのでしょうね。


コメント欄に情報が寄せられていますが、東北放送の小笠原遥アナ(おがはる)が退社しました。局のサイトのアナウンサーページの『退社のごあいさつ』によると退社は28日付みたいです。月末じゃないのは御用納めだからかな。28日の「ランチボックス-L」ではマイクの前からはいったん離れると言っていたかと思います。おがはると言えば、きょうの「あっつあつ☆らじお」でつばきファクトリーについて熱く語っていたほうのおがはるは小笠原悠ディレクター。読みは同じですが字が違います。何度も誤字に注意してくれと言っているのに。
ミヤギテレビの鈴木沙喜代アナも退社しました。こちらは今から録画を見ます。生で見られたのはオープニングの佳生さんのぶらり旅だけだったので。
Date fmでは「AIR JAM Friday」のレポーター、中川智絵実さんも28日が最後だったという情報が寄せられています。私は「スポーツてんこもり」のコーナーぐらいしか聴かないのであまりなじみが無いのですが、結婚のために番組を卒業するのであればおめでたいことです。
辞めると言えば、カサンドラ宮城さんが仙女を退団してフリーになるというビッグニュースが今日の日刊スポーツの東北面に出ていました。「ぼんやり〜ぬTV」から貴重なキャラクターが一人減ってしまうなぁ。本来の仕事である女子プロレスラーとして羽ばたけるのなら黙って見送るしかありません。